本館ブログで書けなかった事等々

Expandmenu Shrunk

病院の受付でブチ切れた・・・

夏熱燗
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
ひろ君が出してくれているサインを無駄にしてはいけない。
そういう思いで今日の仕事を30分早く切り上げて帰ってきた夏熱燗。

帰宅早々、オヤツの手渡しで捕獲を試みようとしましたが失敗。
どうしようか迷った挙句、この間連れて行った病院へ相談の電話をしました。
対応してくれたのは看護師さんで、診察券Noを伝えひろ君の症状を伝えました。
確保に失敗したことや預かっていて懐いていないので連れて行きづらいことを説明して、
なんとか連れて行かなくてもいい方法はないか相談しました。
(私自身とんでもないことを言っているなと思いましたが)
カルテを取りに行って、相談に色々と答えてくれました。
でも、「実際に今の状態を確認しないと・・・」
私も「確かにそうですね。もう一度確保に挑戦してみます」

なんとかひろ君をキャリーケースに確保し、病院へ電話しました。
今度は受付スタッフのお嬢さんが出て、
「先ほど看護師の○○さんにお電話しました○本です、診察券Noは□□□□□□□□で、猫のヒロの件です。」
受付スタッフのお嬢さん:
「それでどうされました?」

私は、まぁ~大きな病院だからさっきの電話の件が伝わっていなくても当然か?と思い、
先ほど看護師さんに説明したのと同じ内容の話をして、(←ココ重要)
「なんとか確保出来ましたので連れて行きます。」
受付スタッフのお嬢さん:
「19:00まで診療していますのでそれまでにお越しください」
私:「18:00前後にお伺いできます」
受付スタッフのお嬢さん:
「お待ちしてます」

急いで車をかっ飛ばして病院へ向かいました。
着いて診察券を出すと・・・
受付スタッフのお嬢さん: 多分電話を受けてくれた人とは別の人?ひょっとしたら同じかも?
「今日はどうなさいました」
私ブチ切れました。
「何回同じ事言わせるんや!!!」 (ノ`Д´)ノ彡┻━┻
「何回も電話して来とるんやぞ!どないなっとんねん!!」
受付スタッフのお嬢さん:
言い訳たらたら・・・
こうなったら私もゴネて応酬。

私本当に切れました。
「もうええわぃ、11月8日の検査結果とレントゲン写真をよこせ!他の病院へ行く!」

ここからがこの病院の本質が見えてしまいました。
時間は18:30頃(病院到着が18:00少し前)
センター長なる医師が対応してくれましたが、
センター長:
「レントゲン写真が今ようやくどこに有るかわかりました。」
「古いデータですので、一般のPCではなくてサーバーの中に在って取り出せるかどうか確認してます。」

私この言葉を聞いて目が点になりました。
古いって・・・ほんの2ヶ月前の事やん!
思わず、
「サーバーの中に在って取り出し方が解らへんねやったら、こう見えても詳しい方やから私が取り出したるで!」
センター長は困ってしまって右往左往。
重ねて私が、「さっきあんたの持っとったタブレットに画像出とったやん」
「私が取り出したるわ」
センター長:
シドロモドロ

でも、誠実そうな人だったので、印刷画像なら直ぐ出るとの事だったのでA4サイズの印刷画像を貰うことに・・・
しかしなかなか出てこない。
私失望半部な気持ちで、
「あかん、もう○○病院に間に合わへん・・・」とつぶやいてしまいました。(もう19:00前でした)
センター長:
「癌の疑いが有ることはこの間の診療の時に説明させて頂いてますよね」

「人間のように手術先行で細胞診をする事が猫の場合難しいんですよ」
「はっきりと癌と断定する事も出来ませんが、まず間違いないと思います」
「そこで提案なんですが、うちで今日レントゲンだけでも撮って進行状況を確認しませんか?」

私もひろ君の事が気掛かりでしたのでお願いしました。
レントゲン写真の結果はやはりほんの少し影が広がっていました。
センター長曰く、
「ほぼ間違いないですが、人間のような肺の細胞診が出来ないのと抗癌剤もリスクが大きすぎるので、
出てきた症状への対処療法が最善の策だと思います。」
私もこの方針には賛成です。

センター長にはお礼の言葉と今日の一件が有るのでもう来ないことを伝えました。
この病院の頼れるところは、日曜祝日も普通診療してくれるところと夜間も診察してくれるところです。
緊急時には非常に助かりますが、日常的には行きたく無くなりました。

大きく立派な設備を備えた病院ですが、出てきた診療データはこれだけです。↓


病院の受付でブチ切れた・・・への1件のコメント

  1. アバター かんべい
    かんべい コメント投稿者

    SECRET: 0
    PASS:
    お疲れさまでした。本当にお気持ちお察しします。
    医師は良くても、受付。。。。。。。。。
    受付で大損の病院(人間もです)、悲しくなります。
    その逆で、医師はあんまりでも、受付、その他のスタッフが良く、ここを信じてお世話になろうという病院もあるのに。。。。
    ひろくん、ひろくんの為に、こんなに必死に怒りを出してくれるお父さんがいてくださって良かったね。
    ひろくん、きっと分かっていると思います。
    嫌な思いもされて大変だったことと思いますが、ひろくんの為に、本当に有難うございました。

  2. アバター マシ
    マシ コメント投稿者

    SECRET: 0
    PASS:
    お疲れ様でした。
    かかりつけの獣医さんのアドバイスですが、
    猫の肺がんによる炎症を鎮めるのに「抗ヒスタミン剤」がよく効くそうです。
    ガンが治るわけではないけれど、炎症が治まれば体が楽になって元気になるそう。
    いりこは乳がんですが、元気のないときの頓服として使っています。
    参考までに・・・

  3. アバター ワキチ
    ワキチ コメント投稿者

    SECRET: 0
    PASS:
     お気持ちをお察しします。(たぶん自分もブチ切れますね~。)
     が、、、
     緊急時にみて貰える病院は、日頃から大切にしておかないと・・・(汗)
     ( ̄▽ ̄;)
     


top