本館ブログで書けなかった事等々

Expandmenu Shrunk

はち君 残念・・・ [預かり140日目]

昨日kacogawa catさんからメールを頂いていました。
内容は、里親希望さんから自信がないとの事で断りが入ったそうです。

残念ですが、熟慮して頂いた結果ですので仕方が無いですね。

お断りの中で一つ気になった事が・・・
「はち君とりんちゃんを離すのは可哀想で、でも自分には2匹は自信がない」
との事だそうですが・・・

 確かに以前の飼い主さんの元で一緒に育って来ていますから、引き離す事に付いて私も忍びないです。
でも、そこまで考えてしまうと多頭飼いの仔を全部引き取らないといけない事になってしまいます。
 猫は環境の変化からストレスを受け易い種族かも分かりません、でも、私が亡きミーシャくんとモモさんを引き取った経験から得た事は、環境の変化に順応してくれる種族でも有ると言う事です。 猫(だけじゃ無いですね、犬やその他の動物)も感情や意思を持っていますから、飼い主さんが入院され姿を見せなくなった時はショックだったと思います。 その飼い主さんが亡くなられ私の元へ強制移住させられた時はもっともっとショックだった事に違い有りません。

我が家へお迎えした当初のミーシャくん

こんな状態が数ヶ月続きました。 私本当に辛かったです、私以上にミーシャくんは辛かったと思います。
「何故お母さんは姿を見せてくれない」「何故お母さんと一緒に暮らした家へ返してくれないのか」
心に大きなキズを受けた事でしょう。 でも、彼は耐えてくれ新しい環境に順応してくれました。
時間(期間)は掛かりますがしっかりと向き合って行けば心を開いてくれます。

先住のアル様との2ショットは涙が出る程嬉しかったです。

成犬・成猫を家族に迎えようと考えている方にお願いです。

彼等は以前の飼い主さんと別れた事について事情が飲み込めず心に傷を負っていると思います。
あなた方の思い通りにならなくても時間を掛けてじっくりと向き合って心の傷を修復してあげて下さい。
そうすればきっと彼等も心を開いて絶大な信頼と愛を寄せてくれます。

どうかよろしくお願いします。

 



top