本館ブログで書けなかった事等々

Expandmenu Shrunk

りんちゃん お話し進行中 [預かり154日目]

正直言って遠方の方なので物凄く心配です。
里親希望さんに是非とも再確認と私からのお願いが有ります。

1: kacogawa catさんのブログやFacebookで5歳以上となっていますが、正直な処誰も性格な年齢は分かっていません。(私はもっと年齢がいっていると思っています。)

2: 以前記事にしましたが、座った状態から立ち上がろうとするとヨロヨロとします。(足腰が弱っているようです)
  爪が伸びて肉球に食い込んでいるのでは無いかと思いましたが、最近撫でたり触ったり出来るようになりましたので確認しましたが、それは無いようです。

3: 一人でいる事が多いです。はち君と一緒の写真が多くありますが、はち君の方から寄って行っています。 どちらかと言うとりんちゃんはひろ君と過ごす方が安心するようです。

4: かなり臆病な仔です。 以前、はち君のお見合いの時にお客様の来訪にビックリして、固まって尚且つブルブルと震えてしまう程です。(犬が恐怖を感じ震えるのは見た事が有りましたが猫は初めて見ました)

5: トイレの失敗は我が家では有りませんでした。

6: かなりの少食で一度に沢山食べません。(食事内容は、朝夕2回 1回当りに ドライフード:ピュリナワン10g ウェルネス(穀物不使用)10g ウェット:クロカン10g シーバササミ10g と プロポリス微量 フルーツザイム約3~4g プロポリスの味や香りを誤魔化す為チュール約4gをプロポリスの粉末の上に被せています。)です。
   食事に関しては今お使いのサイエンスダイエットに(1週間~2週間程度で)徐々に切り替えて頂ければと思います。高齢?なので健康管理には気を使って頂きたいと思っています。

 預かりの身で注文を付けて申し訳ありませんが、以前の飼い主さんの猫達への愛情を実感させられています。 ご自分は電気やガスそれに水道を止められて高齢でおぼつかない身体なのに、手押し車で猫達のフードや水を買い出し猫達へはしっかりとお世話をされていたと言う事が、ひろ君・はち君・りんちゃんを見ていて分かります。
 以前記事にしましたが、丸一日ドライフードの袋をを出しっぱなしでも手付かずの状態でそのまんまの状態でした。以前の飼い主さんがどれ程猫達を細かくケアし、猫達も食事は必ず出してくれると以前の飼い主さんを信頼しきっていた様です。 トイレにしても以前の飼い主さんはトイレを置いていなかったそうです。それぞれの猫が用を足したいそぶりを見せるとその都度新聞紙等を用意していたのだと思います。

 重ねて注文を付けて申し訳有りませんが「絶対逸走さないで下さい」 先ほど書きましたが、誰かが食事を出してくれないと何かを食べようとしない仔達です。逸走させてしまうと恐怖と不安で固まってしまい、最悪の場合餓死してしまうかも分かりません。 

 私はまだ強固な信頼関係を築く事に専念している状態で、積極的に抱っこしたりブラッシングや爪切りもできていない状態です。りんちゃんに関しては立ち上がる時のヨロツキ以外は今の処健康上の問題は無いようです。 でも年齢的に腎臓や膵臓・肝臓は機能低下が始まっているかも分かりません。細かなケアを押し付けてしまうようで申し訳有りませんが終生穏やかに暮らせるようにどうかよろしくお願いします。

 

これは余談ですが、預かりのカウントは今日で止めます。
はち君の里親希望の挙手もなかなか挙がらないようなので我が家の仔にしようかなと考え始めています。
りんちゃんももし今回トライアルが上手くいかなければみんな揃って我が家の仔にしようと思います。
kacogawa catさんへお願いすると言うことも選択肢の中に当然ありますが、ボランテァさんには1匹でも多くの犬や猫を救って頂きたいと思っていますので、普通のジジイが普通に育てられるのであれば私がこのまま育てても良いのかな?と考えています。
 下流老人ですが、なんとかなるでしょう。

 

 



top